wonderful.cocolog-izu.com > 今度はバリに行ってきました~!

Dsc03283

Dsc03283

2008年2月 8日 (金)

BALI島でご一緒した小島ご夫妻です、左は奥様の真理子さん。
明るく楽天的なお二人でした、尾島さんはインドネシア語が流暢でニコツと笑った笑顔で人々をひきつけます~


Dsc03285

Dsc03285

2008年2月 8日 (金)

到着日に宿泊した、サヌールのホテルのロビー。
深夜になってしまいました。


Dsc03286

Dsc03286

2008年2月 8日 (金)

サヌールのホテルの朝、ツアーのお迎えの車が沢山来ています。


Dsc03287

Dsc03287

2008年2月 8日 (金)

この門の先はコテージがあります。


Dsc03288

Dsc03288

2008年2月 8日 (金)

ホテルのエステハウスでしょうか?


Dsc03289

Dsc03289

2008年2月 8日 (金)

ホテルの前のビーチです、海岸に出たらいきなり『たとぅたとぅ』サンプルを持ったお兄ちゃんがお出迎え~
ここはサヌールの海岸です、押し売りも沢山います。


Dsc03290

Dsc03290

2008年2月 8日 (金)

ここも同じくホテル前のビーチ、繁華街から少し離れているのか人が少ないね~


Dsc03291

Dsc03291

2008年2月 8日 (金)

この海岸が延々と続いています。


Dsc03292

Dsc03292

2008年2月 8日 (金)

ホテルの看板、島内に三つの系列ホテルがあります。


Dsc03293

Dsc03293

2008年2月 8日 (金)

ホテル内のプール、水がとても綺麗!


Dsc03294

Dsc03294

2008年2月 8日 (金)

同じプールです。
60分の時差があり撮影時間は9時半位です、未だ人がいない!


Dsc03295

Dsc03295

2008年2月 8日 (金)

ホテルの中の寺院です


Dsc03296

Dsc03296

2008年2月 8日 (金)

クタから南東部のアム湾にある、チャンデイ・ダサのホテルへ向かう途中の寄り道です。
山村を走行中に村のお祭りに出会う!
お寺の前に出ていた出店。


Dsc03297

Dsc03297

2008年2月 8日 (金)

お寺の入り口、お供え物を持って女性達がお寺に向かいます。


Dsc03298

Dsc03298

2008年2月 8日 (金)

ちいちゃな女の子もお洒落をしてお寺に集まってきます。
こんなに小さくても荷物を頭に乗せて上手に運びますよ~


Dsc03299

Dsc03299

2008年2月 8日 (金)

お寺の中ではお祈りが始まっています、静かに~


Dsc03300

Dsc03300

2008年2月 8日 (金)

神様です! そ~と写真を撮ってきました。
滅多に見ることができない貴重な写真です。


Dsc03301

Dsc03301

2008年2月 8日 (金)

お寺の前にある祠です、お供えが沢山置いてあります。


Dsc03302

Dsc03302

2008年2月 8日 (金)

お寺には必ず大きな木があります。


Dsc03303

Dsc03303

2008年2月 8日 (金)

お年頃のお嬢さん! チョット照れくさいのかな?


Dsc03304

Dsc03304

2008年2月 8日 (金)

ちぃちゃな女の子も民族衣装を着てお化粧をしています。
村の人々の親切でここまで写真を撮らせてくれました。


Dsc03305

Dsc03305

2008年2月 8日 (金)

BALIの子供達は屈託が無く、なつっこいのですが~
この時は、やはり緊張してるのかな?


Dsc03306

Dsc03306

2008年2月 8日 (金)

顔を白く塗り、これから色を付けていきます。


Dsc03307

Dsc03307

2008年2月 8日 (金)

何と! BALIにも男性の美容師さんがいました!


Dsc03308

Dsc03308

2008年2月 8日 (金)

分かりますか! 男性美容師さん。


Dsc03309

Dsc03309

2008年2月 8日 (金)

お化粧をしている間はおとなしくしてます!
徐々に綺麗な女性に変身していきます、遠くで見ると子供か大人か分かりません?


Dsc03310

Dsc03310

2008年2月 8日 (金)

え~と! ここはどこかのレストラン? 忘れちゃった~


Dsc03316

Dsc03316

2008年2月 9日 (土)

チャンデイ・ビーチホテルのプール、早朝7時半 未だ皆さん来ていませんね!


Dsc03317

Dsc03317

2008年2月 9日 (土)

アム湾とチャンデイ・ビーチホテル前のビーチ。


Dsc03318

Dsc03318

2008年2月 9日 (土)

チャンデイ・ビーチホテルのビーチステージ。


Dsc03319

Dsc03319

2008年2月 9日 (土)

チャンデイ・ビーチホテルのプールサイドベッド。


Dsc03320

Dsc03320

2008年2月 9日 (土)

フロントからロッジ、レストラン・ビーチへと続く小道。
朝早くから掃除されていて、何時も綺麗です。


Dsc03321

Dsc03321

2008年2月 9日 (土)

ロビーから客室を見ています、手前の仏像はとても美人です!


Dsc03322

Dsc03322

2008年2月 9日 (土)

サヌールに戻り、前日予約した高速クルーザーでレンボンガン島に向かいます。


Dsc03323

Dsc03323

2008年2月 9日 (土)

このボートで行くと約30分でレンボンガン島へ到着。
海峡の途中はとても潮が早く大きなうねりが続きました。


Dsc03324

Dsc03324

2008年2月 9日 (土)

この高速クルーザーでレンボンガン島に到着です。


Dsc03325

Dsc03325

2008年2月 9日 (土)

今はシーズンオフの季節、さてロッジの宿泊費の交渉は?


Dsc03326

Dsc03326

2008年2月 9日 (土)

レンボンガン島でバイクをレンタル、早速島内探検に出発!


Dsc03327

Dsc03327

2008年2月 9日 (土)


Dsc03328

Dsc03328

2008年2月 9日 (土)

レンボンガン島最南端の岬、綺麗な海水と荒れた海、とても対象的です。


Dsc03329

Dsc03329

2008年2月 9日 (土)

カヤックでこの海を行ってみたいのですが、この大波と格闘は出来ません。


Dsc03330

Dsc03330

2008年2月 9日 (土)

赤シャツのお兄ちゃん、ここの地主だそうです、どうやら案内するからチップよこせと言ってるようです。


Dsc03331

Dsc03331

2008年2月 9日 (土)

この海の色がBALI島で一番綺麗でした。


Dsc03332

Dsc03332

2008年2月 9日 (土)

思わずここの海に見とれていました~


Dsc03333

Dsc03333

2008年2月 9日 (土)

その後怪しいお兄ちゃん達が集まってきたよ!
断崖の上の小屋で一休み、たかりなんかやってたら人が来なくなるぞ!
っと説得、結局コーラ一本でクリヤ~。


Dsc03334

Dsc03334

2008年2月 9日 (土)

この岬ではイルカの群れが泳いでいるのが見えました。


Dsc03335

Dsc03335

2008年2月 9日 (土)

レンボンガン島の商店。


Dsc03336

Dsc03336

2008年2月10日 (日)

鉄塔の下のロッジは宿泊費が高いよ~ん


Dsc03337

Dsc03337

2008年2月10日 (日)

隣の写真のロッジに宿泊、雨期で客が少ないので宿泊費は交渉次第!
我々が泊まったロッジの名前は『ワレワレ』でした。 
通常70ドルが30ドルでした。


Dsc03338

Dsc03338

2008年2月10日 (日)

高速ボートをチャーターして、これからマングローブの調査へ!


Dsc03339

Dsc03339

2008年2月10日 (日)

海峡に沈没船!三隻ありました バックはマングローブ。


Dsc03340

Dsc03340

2008年2月10日 (日)

島の漁村の風景。


Dsc03341

Dsc03341

2008年2月10日 (日)

海峡の出口、水深が浅く波がブレークしているのでここから出るのは危険です。


Dsc03342

Dsc03342

2008年2月10日 (日)

チャーターボートのガイド、とても陽気な住民。
観光客に宿泊やレンタルバイク、ボートチャーター等様々な紹介をして、手間賃を稼ぎ暮らしてる。漁民よりも入る日銭が多いのでわりと豊かな暮らしをしているらしい。


Dsc03343

Dsc03343

2008年2月10日 (日)

レンボンガン島のマングローブ。


Dsc03344

Dsc03344

2008年2月10日 (日)

レンボンガン島のブチック


Dsc03345

Dsc03345

2008年2月10日 (日)

レンボンガン島の漁村の風景、干しているのは天草。
化粧品の材料として養殖している。


Dsc03346

Dsc03346

2008年2月11日 (月)

レンボンガン島三日目の船着場、目面しく島民の子供達が遊んでる!


Dsc03347

Dsc03347

2008年2月11日 (月)

違った! 観光客でした~


Dsc03348

Dsc03348

2008年2月11日 (月)

遊ぶ暇も無くまたまたマングローブの調査!


Dsc03349

Dsc03349

2008年2月11日 (月)

岸辺は流れが弱いが、海峡の中に進むに吊れ流れが強くなる!
初心者にはチョイト危険!


Dsc03350

Dsc03350

2008年2月11日 (月)

風が出てくると流れも早くなる、雨期は天候の変化も早い。


Dsc03352

Dsc03352

2008年2月11日 (月)

海峡に停泊中の大型船、シーズン中はロンボク島に一週間のサーフィンツアーに出る。
全食事つき。


Dsc03353

Dsc03353

2008年2月12日 (火)

レンボガン島のリーフのなかにある人口の浮島。
ここにBALI本島から大型のツアー船が着岸して観光客をおろす、観光客はダイビング・シュノーケリング・バナナボート・ジェットシキー・パラセール等様々なレジャーを楽しみ日帰りで帰ります。


Dsc03354

Dsc03354

2008年2月12日 (火)

これも同じく。


Dsc03355

Dsc03355

2008年2月12日 (火)

三泊四日のレンボンガン島の調査を終え、BALI本島に帰ります。


Dsc03356

Dsc03356

2008年2月12日 (火)

ワレワレは何のレジャーもしてましぇ~ん!


Dsc03357

Dsc03357

2008年2月12日 (火)

何だか未練がましく撮ってるな~


Dsc03358

Dsc03358

2008年2月12日 (火)

ブノア~ヌサ・ドゥアのビーチ。


Dsc03359

Dsc03359

2008年2月12日 (火)

台湾人の団体が来ていました、これからツアーに出発です。


Dsc03360

Dsc03360

2008年2月13日 (水)

チャンデイ・ビーチ・ホテルの朝7時半頃。


Dsc03361

Dsc03361

2008年2月13日 (水)

アム湾にある漁港、ダイビングや連絡線・フェリーなど賑わいにある港町。


Dsc03362

Dsc03362

2008年2月13日 (水)

レジャー用として交渉次第でチャーターが出来ます。


Dsc03363

Dsc03363

2008年2月13日 (水)

ここも同じ場所、ダイビングショップも人数に応じて船をチャーターしていました。


Dsc03364

Dsc03364

2008年2月13日 (水)

ブノアを迷いながら走っていると、伯母ちゃんたちが椰子の殻を薪にして何やらを焼いています。
車から降りて(スラマシアン)こんにちはと声をかけてお話を。
串に刺してるのな~に? エイだよ~ えっ エイ!黄色い香辛料につけて焼いている。
400本注文受けてるんだよ~ ツアーのランチに出すんだって!
一つ買って食べたら!美味しい~ でも 焼く前の串にはハエがぶんぶんたかってました!


Dsc03365

Dsc03365

2008年2月13日 (水)

市内の総合レストラン。インドネシア大衆料理と中国料理。


Dsc03366

Dsc03366

2008年2月13日 (水)

レストランの伯母ちゃんとおねえちゃんで~す。


Dsc03367

Dsc03367

2008年2月14日 (木)

バトゥウール湖、水辺に写る景色が幻想的で美しい。
雨が降ってきて寒い! この時初めて解ったことが、インドネシアの車には暖房が付いていない。 お~さぶ・・・・・い


Dsc03368

Dsc03368

2008年2月14日 (木)

いかがですか? この幻想的な映像は!


Dsc03369

Dsc03369

2008年2月14日 (木)

早朝北部の村を走行中、村の朝市に巻き込まれてしまい渋滞中です。
やっと POLISI が出てきて解消しました、これもBALIの素顔、観光地にいては体験できません!


Dsc03370

Dsc03370

2008年2月14日 (木)

北部の山村の景色。


Dsc03371

Dsc03371

2008年2月14日 (木)

高い峠からバドゥール湖を望んでいます。


Dsc03372

Dsc03372

2008年2月14日 (木)

BALI島の最高峰は3142Mもあります。
山岳の厳しさが解りますか?


Dsc03373

Dsc03373

2008年2月14日 (木)

どこだか忘れましたが、北部の漁村です。


Dsc03374

Dsc03374

2008年2月14日 (木)

バドゥール湖からプラタン湖に抜ける山道、こんなところにこんな立派な橋が~
思わず写真を撮りました。


Dsc03375

Dsc03375

2008年2月14日 (木)

大きな樹木と道路にある割れ門。


Dsc03376

Dsc03376

2008年2月14日 (木)

プラタン湖で傘を貸してチップを稼ぐ女性達。


Dsc03378

Dsc03378

2008年2月14日 (木)

北部の町に宿泊した近くのレストラン、他の店で夕食を食べていたらジットコッチを見て歌ってた。 歌詞を聴いてたら日本語のフォークソングでした~
世の中!わっかんなくなっちまうな~


Dsc03380

Dsc03380

2008年2月14日 (木)

はじまり~ はじまり~ 折り紙教室の始まりで~っす!


Dsc03381

Dsc03381

2008年2月14日 (木)

凄く、素直で、可愛い小学生です、一生懸命折り紙を勉強していました。


Dsc03382

Dsc03382

2008年2月14日 (木)

ヤンチャな妹だよ~ん! よろしくね!


Dsc03384

Dsc03384

2008年2月15日 (金)

宿泊したホテルの庭です、えー宿泊費は10ドルでした~


Dsc03385

Dsc03385

2008年2月15日 (金)

BALIのフラワーです。


Dsc03386

Dsc03386

2008年2月15日 (金)

案内板~


Dsc03387

Dsc03387

2008年2月15日 (金)


Dsc03388

Dsc03388

2008年2月15日 (金)


Dsc03389

Dsc03389

2008年2月15日 (金)

この辺は何処だか? そうだ南西部の素敵なホテルです、名前は忘れた~


Dsc03390

Dsc03390

2008年2月15日 (金)

怪しい街中の食堂?


Dsc03392

Dsc03392

2008年2月16日 (土)

こんなベッドに1人なんて・・・・・ため息いいいいい!


Dsc03393

Dsc03393

2008年2月16日 (土)

こんな素敵なコテージにオーナーがたった1人なんて~ 可愛そうでしょ!!!!!


Dsc03394

Dsc03394

2008年2月16日 (土)


Dsc03395

Dsc03395

2008年2月16日 (土)

ホテルのお庭。


Dsc03396

Dsc03396

2008年2月16日 (土)

レストランはこんな感じだよ~


Dsc03397

Dsc03397

2008年2月16日 (土)

ホテルの庭から海を見てます。


Dsc03398

Dsc03398

2008年2月16日 (土)

プールも綺麗!


Dsc03399

Dsc03399

2008年2月16日 (土)

日本のホテル旅館も海外のリゾートホテルに学ぶ物が多いんだけど~


Dsc03400

Dsc03400

2008年2月16日 (土)


Dsc03401

Dsc03401

2008年2月16日 (土)


Dsc03402

Dsc03402

2008年2月16日 (土)


Dsc03403

Dsc03403

2008年2月16日 (土)

受付のお嬢さん、いつも笑顔で迎えてくれます~


Dsc03404

Dsc03404

2008年2月16日 (土)

南西部でチャーターした漁船のエンジン。
こんなエンジン今でも有ったの? それが~あとでもっとビックリ!


Dsc03405

Dsc03405

2008年2月16日 (土)

湾内い魚の養殖場も持っている漁村。海は穏やかでさんご礁もありカヤックには最高!


Dsc03406

Dsc03406

2008年2月16日 (土)

遠くに見えるのが魚の養殖場。


Dsc03407

Dsc03407

2008年2月16日 (土)


Dsc03408

Dsc03408

2008年2月16日 (土)

養殖場に上陸?


Dsc03409

Dsc03409

2008年2月16日 (土)


Dsc03410

Dsc03410

2008年2月16日 (土)

小さな小さなさんご礁の島。


Dsc03411

Dsc03411

2008年2月16日 (土)

島に上陸。


Dsc03412

Dsc03412

2008年2月16日 (土)

我々を運んでくれた漁船。


Dsc03413

Dsc03413

2008年2月16日 (土)

小さなさんご礁の島、ここ住民がいました! ネズミです日本の溝ネズミ位の大きさで、穴から一目散に海に向かって走って行き海を泳ぎ始めました~ さぞビックリしたのでしょうね。


Dsc03414

Dsc03414

2008年2月16日 (土)

さ~て質問です、この島は地図に載っているでしょうか?


Dsc03415

Dsc03415

2008年2月16日 (土)

島の周りにはさんご礁が沢山ありました。


Dsc03416

Dsc03416

2008年2月16日 (土)


Dsc03417

Dsc03417

2008年2月16日 (土)

チャーター船の漁師さんと漁船。


Dsc03418

Dsc03418

2008年2月16日 (土)


Dsc03419

Dsc03419

2008年2月16日 (土)


Dsc03420

Dsc03420

2008年2月16日 (土)

島の裏側は潮が早くて要注意!


Dsc03421

Dsc03421

2008年2月16日 (土)

港の近くの集会所!  だと思います?


Dsc03422

Dsc03422

2008年2月16日 (土)

インドネシア語がわかる方、なんて書いてあるの?


Dsc03423

Dsc03423

2008年2月16日 (土)


Dsc03425

Dsc03425

2008年2月16日 (土)


Dsc03426

Dsc03426

2008年2月16日 (土)

ジャワ島の玄関口に到着、ボートをチャーターして早速マングローブの調査です。
珍しい大型の木造帆船。


Dsc03427

Dsc03427

2008年2月16日 (土)

広大なマングローブが広がっていました。


Dsc03428

Dsc03428

2008年2月16日 (土)


Dsc03429

Dsc03429

2008年2月16日 (土)

西部のブランチャ岬の漁港、網を漁村の人々が車に積み込んでいます、


Dsc03430

Dsc03430

2008年2月16日 (土)

人々が協力して人力で作業を行う!
私達の昔もそうだったのでしょう~


Dsc03431

Dsc03431

2008年2月16日 (土)


Dsc03432

Dsc03432

2008年2月16日 (土)

木造船でとても芸術的な設計でこんな船は日本では作れないでしょうね?


Dsc03433

Dsc03433

2008年2月16日 (土)


Dsc03434

Dsc03434

2008年2月16日 (土)

カラフルでとても絵になる船です、BALIではここにしかないの?
ここでしか見てません。


Dsc03435

Dsc03435

2008年2月16日 (土)


Dsc03436

Dsc03436

2008年2月16日 (土)

様々なカラフルな船、大洋を進む勇姿を見てみたいと思いました。


Dsc03437

Dsc03437

2008年2月16日 (土)

片側にのみエンギン四機、しかも焼玉エンジンのような、多分ジーゼルエンジンの部類?


Dsc03438

Dsc03438

2008年2月17日 (日)

チャンディダサに戻ってホテルで休息、10日間休みなし!
でBALIを調査!


Dsc03439

Dsc03439

2008年2月17日 (日)


Dsc03440

Dsc03440

2008年2月17日 (日)


Dsc03441

Dsc03441

2008年2月18日 (月)

BALI東部の山村へ~ 山並みを御覧ください~


Dsc03442

Dsc03442

2008年2月20日 (水)

こんな馬車のタクシーもあります、


Dsc03443

Dsc03443

2008年2月20日 (水)

免税ショップのガードマン。